現在地

トマトづくしホルブツィ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、ソース以外すべてトマト味のウクライナホルブツィです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.brama.com/yonkersukrainianfest/recipe_holubtsi.html

4人前(8個)
調理時間:2時間(キャベツを凍らせたり剥がす時間は除く)

トマトづくしウクライナホルブツィ 材料
 
キャベツ大1
  
 
牛または豚の調理済みひき肉1/2lb
2カップ
沸かした湯2カップかそこら
角切り玉ねぎ中1
小さじ1
バター(またはほかの油)大さじ4-5
塩コショウ 
  
ソース 
トマトソース缶大1
トマトペースト缶小1
(必要に応じてソースを濃くするためのもの) 
バターかベーコン油大さじ2かもう少し
塩コショウ 

トマトづくしウクライナホルブツィ 具

 

1.沸かしたお湯に米を入れる。塩を加えてかき混ぜる。再び沸かし、1分間調理する。蓋をし、火を弱め、水を吸い込むのに十分なほどおいておく。この段階では、米は半炊きになっており、ロールキャベツになった時に最後まで調理される。
2.玉ねぎを軽く金色になるまで油の中で炒める。調理した牛か豚のひき肉と混ぜ、塩コショウで味付けする。キャベツの葉が味をいくらか吸い込むので、よく味付けすること。使う準備ができるまで冷ます。

 

3.鋭い包丁でキャベツから芯を取り除く。
4.大きな鍋の中にキャベツを上下さかさまに置き、芯を抜いたところに沸かしたお湯を注ぐ。キャベツに完全に蓋をする。
5.葉が柔らかくなって簡単に取り外せるようになるまで置いておく。水を抜き、とても注意深く葉をキャベツから取り外す。破ってはいけない!それぞれの葉から、真ん中の葉脈を、完全に切り落とすことなくいくらか削る。
6.一番大きな葉を二つか三つに切り分け、大きな鍋の底に並べる。

トマトづくしウクライナホルブツィ 調理前

 

7.スプーン大盛りの具を1枚の葉の端に置き、軽く巻く。端を止める。

 

トマトづくしウクライナホルブツィ 調理中

8.巻き上げたロールキャベツを鍋の中に層にして並べ、多すぎない適度なソースと塩をまぶす。ソースと油は先に混ぜておく。その液体はそれぞれのロールキャベツの間をすれすれに覆うようにならなければならない。
9.何枚かの大きな葉で覆いをすることによって、一番上の層が焦げないようにする。
10.鍋にふたをし、350度を少し超えたオーヴンで1時間から1時間半、キャベツと具がしっかり調理されるまで焼く。

 

刻んだカリッとしたベーコン、玉ねぎ、スプーンいっぱいのサワークリームまたはマッシュルームソースとともに供する。

トマトづくしウクライナホルブツィ できあがり

 

*材料はすべて半分量にしました。 ご飯はトマトピューレ200gで半炊きにました。 マッシュルームソースをかけました。

-------------------------------------------------

作ってみての感想

何回か挑戦して、どうもあまりうまくいかない、トマト味のレシピにまた挑戦しました。 その結果は、腕が上がったのか、味覚が麻痺してきたのか、どうもよくわかりませんが、結構美味しくできてしまいました。 いつもはとても酸っぱくて、すぐ飽きてしまうような味になるのですが、今日は比較的トマト系のものをたっぷりつかったのにもかかわらず、とても食べやすく感じました。 しかし、何が原因なのか特定できないところが悩ましいところです。 一つの可能性としては、いつも煮込むときにトマトジュースを使うところを、今日はあらごしトマトを使ったことです。 来週は同じようなレシピでこれをトマトジュースにして検証してみたいと思います。 洋風の万能調味料トマトを使いこなすことは大きな武器になるので、何とかうまく使いこなせるようがんばりたいです。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。