現在地

マッシュルームたっぷりホルブツィ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.bigoven.com/recipe/139686/holubtsi-stuffed-cabbage

7人前(14個)
調理時間:3時間半(キャベツを凍らせたり剥がす時間は除く)

マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィ 材料
 
未調理米2カップ
白キャベツ大1
乾燥マッシュルーム3/4カップ
マッシュルーム6oz缶3
バター大さじ2
刻んだ玉ねぎ中2
塩コショウ 
バター大さじ2
刻んだ玉ねぎ大1
バター大さじ2
刻んだ玉ねぎ1/4カップ
刻んだ生マッシュルーム1カップ
多目的小麦粉大さじ1
ビーフか野菜ストック1/2カップ
刻んだ生パセリ2本
サワークリーム1/4カップ
塩コショウ 

包みの指示に従って米を準備する。 キャベツから芯を取り除き、大きな鍋で沸かしたお湯の中に入れる。 蓋をし約3分湯がく。お湯から出し、触れるようになるまで冷ます。 柔らかくなったすべての葉をとり、具を詰めるために皿に積み上げる。

 

マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィ 具

乾燥、そして缶のマッシュルームを中鍋に入れてマッシュルームの具を準備する。水を入れ、中強火でゆでる。火をとろ火にし、1-2時間マッシュルームを調理する。(*圧力鍋で3分調理)しっかり水分を取り、フードプロセッサーかブレンダーで細かくする。一方、大さじ2のバターを大きなフライパンに入れ中火にかけ、中2のたまねぎを透明になるまで約5分炒める。炒めた玉ねぎをマッシュルームと混ぜ、塩コショウで味付けする。大1の刻んだ玉ねぎを中火にかけたフライパンで大さじ2のバターとともに透明になるまで炒める。その玉ねぎにマッシュルームの具と調理した米を加える。

 

マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィ 調理前

 

キャセロールの底に、包むのに向かないキャベツの葉を並べる。約6枚の良い完全な葉をとり置き、それぞれの葉の茎に部分に大さじ2-3の山盛りの具を詰める。ロールキャベツを合わせ目を下にしてキャセロールに並べる。

 

中火にかけた大きなフライパンで大さじ2のバターを溶かし 1/4カップの刻んだ玉ねぎを炒めて、マッシュルームソースを準備する。1カップの細かく刻んだマッシュルームを加え、約10分調理する。その上に小麦粉 をふりかけ、よく混ぜる。ゆっくりとストックを注ぎ、濃くなるまで絶え間なく混ぜる。火から外し、パセリを混ぜ、塩コショウで味付けする。ソースを少し冷まし、サワークリームを加えてよく混ぜる。

マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィ 調理中

 

ロールキャベツにマッシュルームソースをかけ、キャセロールにふたをせず、華氏350℃のオーヴンで1時間半焼く。

 

?温かいうちに出す。

 

マッシュルームたっぷりウクライナホルブツィ できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

レシピが何か同じようなことばかり書いてあって、本当に作者の意図したとおりに訳せているのかどうか自信があまりないのですが、とりあえず見よう見まねで作ってみたら、それなりに食べられるものになりました。 味はバターとがメインとなるほぼ想像のつく味だったのですが、そんなにくどい感じではなく、いい感じだったです。 バターとマッシュルームがとてもよくマッチしており、風味のよいロールキャベツでした。 マッシュルームソースも、こしょうがとてもよく効いており、美味しかったです。 肉を使わない比較的ヘルシーレシピなので、よろしかったらお試しください。 オーヴンで調理するレシピは、キャベツによっては、だしに浸かっていない部分が筋っぽくなってしまうことがあります。なるべく一段で、水気に浸かるように調理した方が柔らかくなります。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。