現在地

トマトライス入りのウクライナホルブツィ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、トマトジュースで炊いたご飯入りのウクライナホルブツィです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.the-real-meal.com/2011/10/ukrainian-cabbage-roll-recipe-rice.html

6-8人前(16個)
調理時間:2時間半(キャベツを凍らせたり剥がす時間は除く)

トマトライス入りのウクライナホルブツィ 材料
 
キャベツ大1
半炊き米5カップ(生で2カップ)
小さじ1
黒胡椒小さじ1
植物性マーガリン大さじ2
細かく刻んだ玉ねぎ中1(約1/2カップ)
トマトスープ1缶
植物性マーガリン1/2カップ
1/2カップ
トマトジュース 

 

1.キャベツを一晩凍らせ、朝にシンクでとかす。これにより、キャベツをゆでることなく巻くことができるほど柔らかくすることができる。固い外の葉を取り除き、脇に置く。キャベツから芯をとり、全部の葉をはがして大きなボウルに入れる。ボウルを脇に置く。

 

トマトライス入りのウクライナホルブツィ 具

2.大きなボウルの中で、米と塩コショウを混ぜる。ロールキャベツはしばらくオーヴンに入れるので、米は完全に炊けている必要はない。これにより、膨らんで水分を吸収する余地ができる。
*トマトライスの具:これらのロールキャベツをよりトマト風味にするためには、同量の水とトマトジュースでご飯を炊く。
3.中弱火にかけた小さなフライパンで、大さじ2の植物性マーガリンを溶かす。玉ねぎを入れ、柔らかく透明になるまで炒める。それをボウルの米に加える。

 

4.中火にかけた小さな鍋に、トマトスープ1缶分、植物性マーガリン1/2カップ、そして水を入れる。マーガリンが完全に溶け、混合物が滑らかになるまで調理する。このトマトスープはロールキャベツのそれぞれの層の上に広げるために使う。
5.ロールキャベツが焦げ付かないように、ロースターパンの底にとり置いた外側のキャベツの葉を何枚か敷く。残ったものは捨てる。

トマトライス入りのウクライナホルブツィ 調理前


6.組み立て:キャベツの葉を入れたボウル、スプーンを添えたコメのボウル、柄杓を添えたトマトスープ、ロースターパン、まな板と包丁、そして必要ならば余分な水分を拭き取るためのタオルを並べる。ロールキャベツを巻くために、それぞれのキャベツの葉を半分に切り(大きなロールキャベツを作るのならばそのまま)、葉に残った固い茎を切り取り、大さじ1か2の米をそれぞれの葉の一番下に置く。脇をはさみながら巻き上げる。横側が開いたままでも、それは世界の終わりではない。

 

トマトライス入りのウクライナホルブツィ 調理中

 

ロールキャベツをぴったりとロースターパンに並べ、ロールキャベツの層を完成した後でトマトスープをいくらか柄杓でかける。米かキャベツが無くなるまで続ける。一番上に残ったすべてのトマトスープをかける。

 

トマトライス入りのウクライナホルブツィ 調理中2

 

7.華氏350度でオーヴンを予熱する。ロースターパンにふたをするかアルミフォイルをかけ、約2時間、フォークを刺さるくらいまでキャベツが柔らかくなるまで焼く。

 

トマトライス入りのウクライナホルブツィ できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回はキャベツのゆでるのではなく、凍らせて使いました。たまたまなのかもしれませんが、キャベツの甘みが強く感じられ、柔らかいようにも思われました。これからも何回か試してみて検証してみたいです。 具は、肉を入れずトマトで煮込んだご飯だけです。味付けは、ほぼトマトのみでした。味としては、シンプルなトマト味ですが、そんなに濃い味ではないので、ご飯の甘みとも、そしていつもよりも甘く感じられたキャベツとも、よくあってよかったと思います。 ただ、ご飯だけなのでちょっとふやけた感じになってしまったのが残念でした。これは時間がたつともっと悪くなるのでしょう。やはり短粒米でやるにはもう少し工夫が必要なのかもしれません。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。