現在地

雑穀たっぷりホルブツィ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、雑穀をたっぷり入れたウクライナホルブツィです。

以下のサイトを参考にしました。
http://recipes.wikia.com/wiki/Golubtsi

9人前(18個)
調理時間:2時間半(キャベツを乾燥させたり剥がす時間は除く)

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ 材料
 
キャベツ2㎏
雑穀250ml
塩漬け豚肉50g
にんじん2
玉ねぎ1
小麦粉大さじ2
大2
トマトペースト大さじ4
サワークリーム大さじ8
バター大さじ2
水(または必要に応じて雑穀のゆで汁)2カップ
トウガラシ 
味付け用塩 

芯をとったキャベツに沸かしたお湯を注ぐ。 葉をはがして葉脈を削る。

 

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ 具

 

玉ねぎとにんじんを細かく角切り(にんじんはせん切りでもよい)にし、玉ねぎが茶色くなり始めるまで炒める。雑穀をよく洗い、水で覆って沸かす。濾してから、刻んだ塩漬け豚肉、玉ねぎ・にんじん、トウガラシ、塩、そして生卵と混ぜる。

 

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ 調理前

 

手でよく混ぜ合わせ、具の一部をキャベツの葉の上にのせ、きつく巻いて端を止める。

 

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ 調理中

 

ロールキャベツが完成したら、ダッチオーヴンにのせ、サワークリームドレッシングをのせ、しっかりゆでてから水気を取り、塩をふって出す。

 

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ できあがり

 

 

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ ドレッシング

 

サワークリームドレッシング: 小麦粉をバターで焦げ目をつける。トマトペーストとサワークリームを加え、雑穀のゆで汁をいくらかたす。

 

別のやり方

ロールキャベツを大きな焼き鍋に入れ、薄めずにサワークリームドレッシングを作り、ロールキャベツを覆って華氏325度で約1時間焼く。

雑穀たっぷりウクライナホルブツィ 乾燥キャベツ

 

*今回は干したキャベツが13枚で足りなくなってしまったので、残りの5枚はゆでたキャベツを使いました。(写真は乾燥キャベツです。日干しにするとなぜか色が赤くなります。)

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、雑穀をたっぷり使ったウクライナホルブツィでした。 雑穀と野菜がほとんどで、味が単調になりそうなところを、唐辛子がいいアクセントになって、美味しく食べられました。 たまたま干したキャベツが足りなくなったので、ゆでたキャベツと一緒に調理して食べ比べたら、いろいろと発見があってよかったです。

結論的には、一度火を通しているので当然といえば当然ですが、干したキャベツよりもゆでたキャベツの方が柔らかかたったです。 いろいろ試している間に、自分でも何を試しているのかよくわからなくなっていたのですが、元々ゆでたキャベツをやめようと考えたのは、キャベツの栄養分は熱にも水にも弱いので、それによるロスをなくそうと考えたことでした。しかし、いつの間にかキャベツを柔らかくすることも目的の一つになっており、天日干しにしたキャベツは柔らかくなるものだ、と勝手に自己変換していました。 今回干したものとゆでたものを一緒に食べることにより、干したものはやはりゆでたものよりは筋っぽいのだ、ということが明らかになりました。 来週は、もしできれば、干したもの、凍らせたもの、そしてゆでたものを一緒に調理してみて、その違いを見極めてみたいと思います。

もう一点付け加えれば、鍋の中でロールキャベツが二段になっていると、当然水気のある下はキャベツが柔らかくなりますが、上は筋っぽいままになります。均一に調理するのならば、一段で調理するのがよいでしょう。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。