現在地

トマト煮込みのカルドルマー

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回もスウェーデンのレシピです。
アメリカ在住で、スウェーデン料理のシェフをやっていらっしゃる方のようです。

以下のサイトを参考にしました。
http://swedishchefcooks.blogspot.jp/2011/07/swedish-chefs-cabbage-rolls-kaldolmar.html

16個
調理時間:2時間

トマト煮込みのカルドルマー 材料

キャベツ大1または小2
合挽肉2-2.5lbs(530g)
角切り玉ねぎ小1
米 1/2カップ
水 1カップ
オールスパイス小さじ2
塩 小さじ2
おろした生の黒胡椒 
卵   1
水気をとったザワークラウト16ozビン(400g)
スパゲティソース(トマトソース)24ozビン(水を1カップ足す)(400g)
  
ジャガイモ大3
バター40g
塩  小さじ1

*括弧内で作りました。

大きな鍋に、約1/2インチの水を入れる。
キャベツから傷がついたり穴の開いた葉をとる。
芯を取り除き、芯の側を上にして鍋に入れる。
蓋をして、葉を緩めるために蒸す。取り出してベーキングシートの上で冷ます。

果物ナイフで、冷ました葉から葉脈を取る。
葉に穴が開かないよう気を付ける。

 

トマト煮込みのカルドルマー 具

ボウルで肉、角切り玉ねぎ、オールスパイス、塩、こしょう、卵を混ぜる。

小さなソース鍋の中で、1/2カップの米と1カップの水を混ぜる。
沸かして蓋をする。
火から外す。
ふたをしたまま5分置き、それから蓋をとって冷ます。
米は少し硬いかもしれないが、あとからまた火を通すので大丈夫。

冷ました米を具に入れ、良くまじりあうまで手で混ぜる。

 

トマト煮込みのカルドルマー 調理前

大きなダッチオーヴンかキャセロールにクッキングスプレーを吹き付ける。
キャベツの葉にあった大きさのサッカーボール状の肉団子を作る。
ロールキャベツを作り、焼き皿に合わせ目を下にして並べる。

1層目が出来上がるまで続ける。

 

トマト煮込みのカルドルマー 調理中

16ozビンのザワークラウトを濾し器の上に空け、冷たい水でゆすぐ。
水気を取る。
1層目をザワークラウトで覆い、2層目も同じようにし、一番上もザワークラウトで覆う。

肉が残っていたら、肉団子にして一緒に調理する。
スパゲティソースをかける。
トマトソースでもよい。

キャセロールの周りに1カップの水を注ぐ。
蓋をし、350度のオーヴンで1.5-2時間、ソースがぶくぶくいうまで焼く。

 

マッシュトポテトと一緒に出すとよい。

トマト煮込みのカルドルマー できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回も、スウェーデンのロールキャベツ、カルドルマーです。
ただ、タイトルはそうなっていますが、作者は名前からしてスウェーデン系の方なのかもしれませんがアメリカ在住と言うことで、このレシピに関してはほとんどスウェーデンらしさは見当たりません。
実質的にはポーランドのゴワンプキなどスラヴ系のレシピそのまま、と言う感じで、スウェーデンらしさはどこにもありません。
スラヴ系のレシピに関しては、これまでもずいぶん作ってきたので、だいぶ感覚がわかってきて、レシピよりもトマトソースとザワークラウトを控えめにして、薄味に仕上げたことで、かなり食べやすいものになったと思います。

 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。