現在地

プルーン入りゴルブツィ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

プルーンの入った、ロシアのゴルブツィです。

今回は、http://www.bigoven.com/recipe/91818/golubtsyからの情報を基にしました。

8-10人前(18個)
調理時間:2時間30分位

ロシア風甘藍巻2 材料
白キャベツ3lb
バター大さじ12
たまねぎ3カップ
長粒米(炊いた普通のご飯を使用)3カップ
赤身牛ひき肉3/4lb
大さじ2
黒胡椒 
プルーン(種抜き)16
サラダ油大さじ2
トマト(皮むき・種抜き)中3
小麦粉大さじ1
サワークリーム1/2カップ
ディル1/4カップ(好みで)
2カップ

大きな鍋でお湯を沸かし、キャベツを入れてさっと10分ゆでる。お湯を沸かし続けながらキャベツを取り出し、外側から葉を取れるまで取る。キャベツを鍋に戻し、さらに数分茹で、また葉を取る。葉がすべて取れるまでこれを繰り返す。

ロシア風甘藍巻2 具


水をソースパンに入れて沸かし、米を入れてさっと12分程度調理する。水気をとって脇に置く。厚手のフライパンで大さじ4のバターを高熱で溶かす。2カップのたまねぎを加え、柔らかくなり色がつくまで8-10分炒める。大きなボウルに移し、ひき肉、ご飯、塩、胡椒とよく混ぜる。

 

ロシア風甘藍巻2 具を巻く


キャベツの葉を並べ、小さなナイフで葉の固い部分を取り除く。1/4カップの具とプルーンを一つ葉の上に置き、きつく巻き上げ、包み込むようにきちんとたたむ。

 

ロシア風甘藍巻2 調理中


オーブンを325度で予熱する。厚手のフライパンで大さじ4のバターとサラダ油を高熱で溶かす。泡が落ち着き始めたら4-6個のロールキャベツを合わせ目を下にして3-5分両側を加熱し、黄金色になるようにする。焼き具合をしっかり見て火の強さを調節する。

 

穴あきスプーンでロールキャベツを浅い耐熱皿に移し、重ならないように並べる。

ロシア風甘藍巻2 ソース


大さじ4のバターをフライパンに入れ、1カップのたまねぎが柔らかく半透明になるまで3-4分炒める。それから刻んだトマトを残りの塩胡椒とともに炒める。小さいボウルで小麦粉をサワークリームをすこしづつ加えて強くかき混ぜ、それをフライパンに入れる。

 

ロシア風甘藍巻2 調理中2


味を調えてからロールキャベツにかける。45分間ロールキャベツが黄金色に変わるまでオーブンで調理し、ディルをまぶして供する。

 

*オーブンではなく、蓋付きの鍋で調理した。

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、このレシピを特徴づけているともいえるプルーンが思ったよりも効いていて、よかったと思います。レシピの原文の原材料一覧にはこしたものを使うように書いてあったのですが、作り方を見ると、どうもまるのまま入れるのではないか、という感じがして、こさずに入れました。たぶんこしてしまうと、味が希釈されてしまうような気がするので、これはまるのままが正解だったと思います。 ロールキャベツとプルーンの甘酸っぱさが妙にマッチした、不思議なレシピでした。

ロシア風甘藍巻2 できあがり
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。