現在地

ベーコンとザワ-クラウトで煮込んだサルマーレ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回もルーマニア風ロールキャベツのサルマーレです。 ベーコンとザワークラウトだけでシンプルに煮込んだレシピです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.celtnet.org.uk/recipes/miscellaneous/fetch-recipe.php?rid=misc-sarmale

5人前(10個)
調理時間:2時間半

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 材料
キャベツ大2
細かく刻んだキャベツ小1
細かく角切りにしたベーコン5枚
塩漬け豚肉(燻製が良い)
(5㎝のスライスにする)
115g
細かく刻んだ玉ねぎ大2
パプリカ大さじ2
つぶしたにんにく1茎
塩、黒胡椒120ml
 
ザワークラウト(水抜き:しぼり汁は取っておく)900g
軽くつぶしたキャラウェーの実大さじ2
  
 
豚ひき肉450g
牛ひき肉450g
2
生米75g
氷水120ml
つぶしたにんにく1茎
オニオンミックス大さじ3
塩コショウ 
サワークリーム360ml

*例のごとく半分量で作りました。  キャラウェーとオニオンミックスは手に入らず、使いませんでした。

準備: 外側のしおれた葉っぱを取り除く。 注意深く芯を取り、深いボウルに入れ、沸かしたお湯を上からたっぷりかける。 具を作る間浸しておく。

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 炒めたもの

 

ベーコンと塩漬け肉をフライパンで混ぜる。 弱火で熱し、玉ねぎを入れ、約10分、玉ねぎが黄金色になるまで炒める。 大さじ3の混合物を取り、(下で示す)具の中に入れ、残った玉ねぎをパプリカの中に入れ、しっかりと混ぜる。にんにくを加え、水に混ぜる前に塩コショウで味付けする。 しっかりと蓋をし、ザワークラウトとキャラウェーの実を入れる前に約15分とろ火で煮る。 再び鍋にふたをし、具を準備する間とろ火にかけておく。

 

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 具

 

具: 挽いた豚肉と牛肉をボウルで混ぜ、上で作った玉ねぎの混ぜ物を大さじ3加え、 サワークリーム以外の残りの材料をすべて混ぜる。 混合物が完全に混ざって滑らかになるまで、手でしっかりと混ぜる。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 調理前

 

ここでキャベツをお湯から取り出し、すべての葉を一枚づつ注意深く剥がす(破らないよう気を付ける)。 それぞれの葉から厚い基部を削り、平らにする(約15枚の外側の大きな葉が必要となる)。 大さじ約2杯の具をそれぞれの葉に乗せる。 端をとめ、脇をたたんでから注意深くそしてきつく葉を巻き上げる。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 調理中

 

巻いた葉をザワークラウトの混合物の上に乗せ、それらをやさしく混合物の中に押し込む。 すべての葉についてこの過程を繰り返す。刻んだキャベツで覆い、十分な水を注ぐ。 調味料を入れて味見をし、蓋をして弱火で2時間とろとろ煮る。

 

お皿に移し、サワークリームを添えて出す。

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)16 できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、トマトも入れずに、シンプルにベーコンとザワークラウトだけで煮込んだレシピでした。 キャラウェーとオニオンミックスを入れなかったためか、肉の味がとても強い、何ともスタミナ系の味がしました。 個人的にはもう少し複雑な味が好みですが、まあそれなりのできだといえるでしょう。
翌日に1日おいて食べたら、だいぶ味が落ち着いて美味しくなりました。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。