現在地

スパイス多めのサルマーレ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回もルーマニア風ロールキャベツのサルマーレです。 今回はとても普通のサルマーレレシピでした。

http://www.saveur.com/article/Recipes/Sarmale-Stuffed-Cabbage

6人前(12個)
調理時間:2時間半

我々は、より伝統的なピクルスにしたキャベツよりも生のキャベツの葉を使うレシピを採用した。料理においしい酸味を加えるために、好みに応じて焼く前に2カップのザワークラウトをロールキャベツの上に乗せるとよい。

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 材料
 
芯を取った大きなキャベツ1
長粒米1/2カップ
エクストラヴァージンオリーヴオイル大さじ2
刻んだ白玉ねぎ1/2
刻んだにんにく1茎
刻んだ生ディル大さじ4
干したパンくず大さじ1+1/2
甘パプリカ大さじ1/2
つぶした赤唐辛子の粉小さじ1/4
牛ひき肉12oz
よく引いた黒コショウ 
洗ったザワークラウト(好みで)2カップ
生タイム8枝
ベーコン(好みで)6枚
月桂樹4枚
トマト缶1
チキンストック1/2c

*植物性パウダーはよくわからなかったのでミックスベジタブルをミキサーで細かくした。  量が多かったので、約半分量のかっこ内で作った。

1.大きな鍋で塩水を沸かす。キャベツを入れて、1枚の葉ごとに2分程度ゆで、柔らかくなったらトングで外の葉をはがす。 キャベツの葉をベーキングシートに移す。 脇に置き、キャベツの葉が20枚取れるまで続ける。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 具

 

2.フライパンで2カップの水を沸かす。米を入れ、10分間ゆでる。米を乾かし、脇に置く。 フライパンにオイルを入れ、中火で熱する。 玉ねぎとにんにくを入れ、約8分間柔らかくなるまで調理して混ぜる。 それを米と一緒にボウルに移し、軽く冷ます。 大さじ1のディル、パンくず、パプリカ、トウガラシ粉を加える。混ぜ合わせる。 手を使って、肉の中に混ぜ込み、塩と胡椒で味付けする。これが具になる。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 調理前

 

3.オーブンを375度に熱する。4枚のキャベツの葉を脇に置く。 残りの葉を1枚ずつ、茎を取り、4インチ角に切る。それが24枚できるまで繰り返す。 大さじ1の具をその上に乗せる。一つの角を巻き、シリンダー状に巻き、端を止める。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 調理中1

 

できたロールキャベツを6クォートのダッチオーブンに移す。 残りのロールキャベツも同じようにし、円状になるように並べる。 残りのキャベツは細かく刻み、脇に置く。 並べたロールキャベツの上には、ザワークラウト、タイム、ベーコン、月桂樹とともに残りのディルを乗せる。 その上に刻んだキャベツとトマトを乗せ、スープストックと半カップの水を注ぐ。 先ほど準備したキャベツの葉をかぶせる。中‐強火で沸かす。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 調理中2

 

ふたをし、オーブンに移し、ロールキャベツが柔らかくなり、 風味が混ざるまで約2時間焼く。出す前に少し冷ます。

 

*キャベツは特に角形には切らずにまるのまま使いました。  ふたをしてオーブンで焼く意味がよくわからなかったので、普通に直火で煮込みました。

 

ルーマニア風甘藍巻(サルマーレ)13 できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、前回とうって変わってとてもよくあるタイプのサルマーレレシピでした。 ただ、スパイスがいろいろ入っていてよかったです。 味もとても安定感のある、食べやすい味に仕上がりました。 ぜひお試しください。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。