現在地

ビーフスープをかけてあぶったゴウォンプキ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回も、またポーランドゴウォンプキです。 今回は焼いてから煮るという、ハイブリッド型のレシピです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.cooks.com/rec/search/0,1-0,golabki,FF.html

7人前(14個)
調理時間:3時間半程度

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)14 材料
キャベツ 
牛ひき肉1lb
子牛か豚のひき肉1/2lb
1/2c
1
細かく刻んだ玉ねぎ1
バター大さじ2
塩こしょう 
ベーコン5切れ

 

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)14 具


ナイフでキャベツの芯を取り除く。湯通しする。 葉がしおれたらはがしとる。使用前に冷ます。 冷水で米をとぎ、素早く沸かした2クォーツの塩水(塩小さじ1)の中でかき混ぜる。 10分間茹でてからこす。冷水をこし器に通して米を冷やす。 これで半炊き米の出来上がり。
玉ねぎを透き通るまでバターで炒める。黄色くなるまでは炒めない。 それに、肉、卵、半炊き米、調味料を入れ、よく混ぜる。

具を葉の上にだいたい半インチの厚みになるように広げ、両端をたたんで巻く。 爪楊枝でとめる。 キャベツの葉のコブを葉全体が平らになるように平たくする。 大さじ1-2杯の具を、それぞれの葉に乗せ、巻く。

 

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)14 調理前


やき皿にロールキャベツを載せ、5切れのベーコンをかぶせる。 華氏300度で2時間焙る。 随時油かバターを足すか、ロールキャベツにフライパンで焦げ目をつける。 1カップの水かトマトピューレを加え、ゆっくり2時間とろ火で煮る。 よく見ておき、必要に応じて水をたす。 できたゴラブキはマッシュルームソースかサワークリームと共に供す。 翌日再加熱するとより美味しくなる。

*水では味気ないし、トマトピューレは少し苦手なので、ビーフスープにしました。

 

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)14 できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

焼いてから、と言うより、焙って焦げ目をつけてから煮る、というイメージで作ったのですが、1カップの水(ビーフスープ)では全然煮た感じにはならず、ただ焼いただけというような感じになってしまいました。 その分、味はこなれた感じの良い出来でした。ちょっと油っぽかったのも、サワークリームと共に食べると、とても食べやすくなりました。 イメージとは違ったものの、まあ良い出来だったと思います。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。