現在地

トマト煮込みゴウォンプキ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回も、ポーランドのロールキャベツ、ゴウォンプキです。
今回は煮込み系のレシピだったので、いくつかアレンジをしてみました。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.cooks.com/rec/search/0,1-0,golabki,FF.html

6人前(12個)
調理時間:2時間

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)8 材料
キャベツ大1
牛ひき肉1/2lb
豚ひき肉1/2lb
ライス1カップ
2カップ
小さじ1
バター大さじ2
角切り玉ねぎ1
角切りピーマン1
刻みニンニク2茎
溶かしたバター1切れ
トマト缶大1
 

キャベツから芯を取り除き、薄い塩水で10?15分、触ると柔らかくなるまで半茹でにする。 注意深く葉を剥き取り、中央の葉脈を薄く切り取る。

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)8 調理前


軽く塩を入れて沸かした水に米を入れ、きつく蓋をし、水を吸うまで20?25分弱火で調理する。 大さじ2のバターで玉ねぎ、ピーマン、にんにくを色が変わるまで炒める。 牛肉と豚肉を入れ、軽く茶色になるまで調理する。 米、塩、こしょうを加える。 具を軽く冷まし、大さじ1杯から2杯の具をキャベツの葉の上に置き、下から上に向かってたたむ。

 

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)8 調理中

 

大きな鍋に溶かしたバターを少し底に塗り、ロールキャベツを並べる。 必要ならば何重かにする。 トマトと十分な水を、ロールキャベツをほぼ覆うようにかけ、蓋をし、ゆっくり沸かし、約2時間とろ火で調理する。

 

最後の30分はよく見て必要に応じて水をたす。キャベツの大きさに応じて約12個のロールキャベツができる。具はピーマンに詰めてもよい。

ポーランド風甘藍巻(ゴラブキ)8 できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回もポーランドのレシピでした。 トマトで煮込むタイプの、ちょっと苦手なタイプのレシピだったので、いくつかアレンジしました。 煮込むタイプなので、米は生のほうがよいかと思い、半炊にはしませんでした。 それから、煮こむときには、トマト缶を直接入れることはせず、チキンストックでロールキャベツを煮た後に、別に温めておいたトマトをお皿の上でかける、という型を取りました。 結論的には、生米は失敗、トマトを後からかけるのは成功といった感じでした。 今回は、肉も事前に調理し、さらに煮込むというレシピだったので、具がうまく固まらず、バラバラになってしまったのです。もし半炊のコメを使っていれば、少しはノリのかわりになったかな、という気がしました。 一方で、トマトを別に調理したら、ロールキャベツとトマトの味がはっきりとわかれて、メリハリの効いたものとなりました。 後は、今回は柔らかいキャベツを使ったのですが、煮こむときは固いキャベツのほうが良いのかもしれません。これも具がバラバラになってしまった原因の一つかもしれません。 味としては満足の行くものでしたが、お客さんに出すにはもう少し工夫のいるレシピだと感じました。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。