現在地

愛知、そして東三河へ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

この記事の平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

尾張地方では、既述のとおり、葉牡丹の栽培実績があるためか、アブラナ科の植物の栽培にも積極的で、野崎徳四郎氏・網次郎氏を中心に、明治中期から対象にかけて白菜やキャベツ、カリフラワーなどの栽培を行い、明治18年から始まったキャベツ生産ではかなり早い時期から中心地になっていたようだ。

これとは別系統で、当時桑の栽培が主力だった東三河では、蚕業の不況に見舞われ、その対応のため、昭和5年に高師蔬菜出荷組合長の杉浦幸四郎氏がキャベツの優良種を選出し、当地に適する品種を見つけ出した。これが高師甘藍と呼ばれるもので、他の産地と収穫期が違うこと、そして結球率が高いことにより、痩せた土地や桑の代わりの作物として生産されるようになり、東西の消費地に向け出荷されるようになった。杉浦氏は英米から種を輸入して一代交配を繰り返し採種を行って、周辺に分譲してこの地域でのキャベツ栽培に大きく貢献した。

その後戦争に突入すると当地での主産品はキャベツから甘藷や麦へと変わったが、戦後、昭和23年ころからキャベツへ回帰しだし、昭和30年代以降に一代雑種の採取法が確立すると、その均一な品質、生産性の高さからキャベツ生産は飛躍的に拡大した。さらに昭和43年には豊川用水が通水し、渥美半島の先まで畑作灌漑が可能になったこともこれに拍車をかけた。この地域は土地も痩せており、畑作にはあまり向いていなかった地域だったが、この豊川用水により、水の問題が解決したことにより、園芸作物、そしてキャベツの生産が大きく拡大したのだった。気候的に寒冷期にキャベツを育てられる北限近くに位置し、さらに東西どちらの消費地にも出荷できるという地の利がキャベツ生産を促進したのだろう。それに伴い、栽培技術の向上、農業近代化へも積極的に取り組んだことから、東三河地域は日本一のキャベツ生産地を形成するに至った。栽培技術として特筆すべきなのは、セルトレイという育苗方式で、これは種を畑に直播せず、専用容器である程度大きくなるまで育てるやり方で、これにより根が土にしっかり根付くまでが難しかったキャベツ栽培が容易になったようだ。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。