現在地

クスクスととしいたけの和風甘藍巻

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、前回がとても酸っぱいものになってしまったので、ほぼ同じレシピで酸味を抜いて和風テイストにしてみました。

以下のサイトを参考にしました。
http://alphadesigner.com/cookbook/sauerkraut-sarmi-couscous-peanuts/

19個
調理時間:1時間30分

クスクスととしいたけの和風甘藍巻 材料
クスクス150g
野菜ストック4gを500gの水で割ったもの
しいたけ150g
玉ねぎ1茎
生の長ねぎ 
皮むきピーナッツ少し
醤油 
ごま油 
キャベツの葉
(巻くのに使えないもの)
1-2
  
キャベツの葉20-30
野菜ストック12gを800gの水で割ったもの

玉ねぎの茎、緑玉ねぎ、そしてしいたけを小さく切る。
具を巻くためのものを別にして、1-2枚のキャベツの葉を同じように刻む。
それからミキサーでピーナッツを細かくする。

クスクスを大きなボウルに入れる。
野菜ストックをボウルに注ぐ。なければ水を使う。
残りの具を準備する間に、クスクスにその液体を吸い込ませる。

クスクスととしいたけの和風甘藍巻 具

油を熱して内容物を加え始める。
最初に刻んだ玉ねぎを入れる。黄金色になるまでしばらくそれを炒める。
それから砕いたピーナッツとしいたけを加える。
しばらくそれを炒め、時折混ぜる。
くっつかないように、その混合物に水を時々注ぐ。
醤油も加える。醤油は塩辛いので、量に気を付けること。
しいたけが完全に調理された後で、刻んだキャベツの葉と長ねぎを加える。

具が少し冷めたら、クスクスを加え、良く混ぜる。これで準備完了。

 
クスクスととしいたけの和風甘藍巻 調理前

まず鍋を準備する。2-3枚のキャベツの葉を底に敷き、ブランケットにする。
それから、葉の真ん中にスプーン1杯の具を置き、甘藍巻を巻き始め、残りの部分でつつむ。
サルミを鍋の中に一つ一つ置き、沸かしたお湯がそれらをひっくり返さないように、きつくつめて置く。
そこに場所が無くなったら、次の層を作り、全部巻き終えるまで続ける。
 

 
クスクスととしいたけの和風甘藍巻 調理中

最後に、大きな重い皿で甘藍巻に重石をし、動いて偶然ほどけてしまわないようにする。
鍋の直径よりも少し小さいものが良い。
野菜ストックを、液体が皿の所まで来るまで注ぐ。
中火で約40分調理する。

 
クスクスととしいたけの和風甘藍巻 できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

前回、クスクスで肉を使わないレシピだったのを、酸味をたっぷり使ってしまってあまりうまくできなかったので、今回は酸味を抜いて、和風というか、ヴェジタリアン風というか、そういった感じで仕上げてみました。
味は、和風なのかヴェジタリアンなのか方針をはっきりさせないままに作ってしまったために、非常に中途半端なものになってしまいました。
しいたけを活かすのならば、和風、薄味で攻めるのならばマッシュルームに野菜ストック、 という形で一貫性を持たせるべきでした。

今回は、前回のリヴェンジでクスクスを使った和風レシピに挑戦しました。
マッシュルームの代わりにしいたけを入れたのですが、やはりしいたけは香りが強すぎたので、もししいたけを使うのならばこってりの和風にすべきでした。
クスクスに酸味の代わりに野菜ストックで風味をつけるという所と、マッシュルームの代わりにしいたけを使う、というところにうまく折り合いがつけられなかったのが失敗だったようです。

もう一つ、最初は、季節ものということで、ぎんなんを中に入れるつもりで殻までとったのですが、結局入れるのを忘れてしまいました。
そのため、何となく主人公不在な感じなものになってしまいました。

再挑戦もいまいちなものになってしまい、ちょっと残念です。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。