現在地

牛肉とキヌアのラハノドルマデス

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、牛肉とキヌアを具にしたラハノドルマテスです。
元レシピのURLを紛失してしまったので、省略させていただきます。

12個
調理時間:1時間20分
牛肉とキヌアのラハノドルマデス 材料

キャベツ中1
牛挽肉400g
未調理キヌア1/4カップ
刻んだミント大さじ2
刻んだ大陸パセリ大さじ2
刻んだディル大さじ2
1
塩コショウ味付け用
オリーヴオイル少量
ロールキャベツを覆うのに十分なチキンストックと水 
1
レモン汁レモン半個分
調理に使っただし 


お湯を沸かした鍋で10-15分キャベツを湯がく。
湯がき終えたらキャベツを取り出し、葉をはがす。
冷ましたら、鋭いナイフを使って葉の固い葉脈を取り除く。

 

牛肉とキヌアのラハノドルマデス 具 別のボウルで、牛ひき肉、ディル、パセリ、ミント、キヌア、少しのオリーヴオイル、そして塩コショウを混ぜる。
よく混ぜてから脇に置く。

 

牛肉とキヌアのラハノドルマデス  調理前 湯がいたキャベツの葉に、大さじ1の具を置く。
きつくしすぎないようにしながら巻く。
残りの葉と具についても繰り返す。

 

牛肉とキヌアのラハノドルマデス 調理中 大きな鍋の底に少量のオリーヴオイルをふりかける。
ロールキャベツをきちんと鍋に層にして並べる。
それらを覆うようチキンストックと水を加える。
それらが水に完全に沈み、液体の中で泳がないようにする。
キャベツが柔らかくなるまでだいたい40-50分中火で調理する。
調理中にそれらが広がらないように、上に皿をのせて抑える。

 

出来上がったらアヴゴレモノをかける。
卵とレモンジュースを一緒に解き、ロールキャベツの調理汁をいくらか加えることによって調整する。
よく混ぜ、鍋に加える。
何度か鍋を揺らし、塩コショウで味付けし、出す前に約5分間置き、刻んだディルとパセリで飾り付けて出す。

牛肉とキヌアのラハノドルマデス できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回も牛肉を入れたレシピでしたので、ディルとパセリなどのハーブを入れました。
やはり牛肉を使うのならば、何らかのハーブに活躍してもらうのが一番だと再確認できました。
後はたまねぎ無しで卵で固め、キヌアを入れたものでした。
ディルもやっぱり肉には合うハーブです。
おいしくできたと思います。

後は、今回はアヴゴレモノにコーンスターチは入れなかったのですが、レモン汁を多少多めに入れたためか、それなりに固まって良かったです。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。