現在地

野菜たっぷりのだしで煮込んだラハノドルマデス

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、にんじんやセロリなどたっぷりの野菜入りだしで煮込んだラハノドルマテスです。
以下のサイトを参考にしました。
http://mulberrypomegranate.blogspot.jp/2014/07/lahanodolmades.html

12個
調理時間:2時間
野菜たっぷりのだしで煮込んだラハノドルマデス 材料

緑キャベツ中1
牛(またはラム)挽肉250g(合挽250g)
豚挽肉250g
卵 1
短粒米3/4カップ(1/2カップ)
細かく刻んだ生ディル3茎
塩コショウ 
細かく刻んだ玉ねぎ中1
オリーヴオイル大さじ1
オリーヴオイル3/4カップ
輪切り玉ねぎ1
厚い輪切りにんじん中2
セロリ(葉だけ)2茎分
水か野菜/鶏ストック  
乾燥トウガラシ小1

 

ソース用
卵の黄身2-3
大さじ1
レモンジュース2-3個分
ロールキャベツ調理時のだし 


1.キャベツの外葉をはがし、捨てる。
 キャベツを裏返し、鋭いナイフを使ってできるだけ深く芯を切り取る。

野菜たっぷりのだしで煮込んだラハノドルマデス 具 2.大きな鍋で、たっぷりのお湯を沸かし、キャベツを沈める。
 葉が柔らかくなり簡単にとれるようになるまで(約15分間)キャベツを丸ごとゆでる。

3.ボウルの中で、ひき肉、卵、米、ディル、細かく刻んだ玉ねぎ、少しの油と水を混ぜ、徹底的に混ぜてこねる。
 ゴルフボールよりも少し大きく丸めて、小さな丸太型を作る。

 

野菜たっぷりのだしで煮込んだラハノドルマデス 調理前 4.キャベツの大きな外側の葉を平らにして置き、具をその上に置き、キャベツの葉を巻き上げる。繰り返す。

5.大きなキャセロールの底ににんじんと玉ねぎの輪切り、セロリの葉、残ったキャベツの葉を並べる。

6.ロールキャベツを合わせ目を下にして並べる。
 裏返した皿をのせて重しにする。

7.水かストックを加え、トウガラシを入れて、沸かす。
 沸いたら火を弱め、ふたをし、葉が柔らかくなり具に火が通るまでだいたい1時間半から2時間とろ火にかける。

 

アヴゴレモノソース
1.ロールキャベツが出来上がる少し前に、アヴゴレモノソースを作る。
 卵の黄身と大さじ1の水を解いて泡立てる。

2.鍋からの1/2カップのだしとレモンジュースを混ぜ、滑らかになるまで泡立てる。
 (濃いソースが好みならコーンスターチを加えてもよい)

3.皿をとり、キャベツを火から外し、アヴゴレモノソースを注ぐ。
 取っ手を揺らして均等に広げる。

4.スプーンに何杯かのソースをロールキャベツにかけ、温かいうちに出す。

野菜たっぷりのだしで煮込んだラハノドルマデス できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、野菜たっぷりだしを使って煮込んだレシピでした。
だしの部分に結構手間がかかったのですが、それがあまり味に反映されていたとは言いがたく、ちょっと残念でした。
ただ、薄味で食べやすいレシピではあったと思うので、よろしかったらお試しください。

今回は、ロールキャベツ自体はそれほど特徴のないものですが、野菜たっぷりのだしで煮込んだところが特徴的でした。
ただ、野菜よりもやはり肉の味の方が強いので、野菜の味が味わえるほどにしみこんだとは言いがたかったです。
ちょっとどういう意図で野菜のだしで煮込んだのかが理解しにくいレシピでした。

 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。