現在地

辛子を入れてあぶったクラウトヴィッケル

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、辛子を入れてあぶったドイツ風レシピです。

以下のサイトを参考にしました。(再掲)
http://germanoriginality.com/madein/recipes/berlin.php?id=17

8人前(16個)
調理時間:2時間強

辛子を入れてあぶったドイツ風ロールキャベツ 材料
 
キャベツ1
乾燥ロールパンかスライスパン1つ(4-5インチ)か3枚
赤身の芯を取ったベーコン薄め6枚(3オンス)
皮をむき細かく刻んだ黄玉ねぎ中1
合挽もしくは牛ひき肉1lb
1
細かく刻んだ生パセリ大さじ1
からし大さじ1
挽いたキャラウェー小さじ1/2
塩と黒胡椒 
サラダ油大さじ3
ビーフストック1缶(14.5オンス)または自家製2カップ
多目的小麦粉大さじ2
おろしたナツメグ一つまみ
おろしたタイム一つまみ
バター20g

1.大きな鍋でお湯を沸かす。 キャベツを裏返しにして、真ん中に円錐型の深い切込みを入れ、芯を取り除く。 キャベツ全体を5分間または外側の葉が簡単に取り除けるようになるまで湯がく。 できるだけ多くの葉をはがし、キャベツを沸かしたお湯の中に戻す。 水切り器で葉の水を切り、少なくとも20枚の大きな葉を得るまでこの過程を繰り返す。
2.球がまだやわらかければ、刻んでベーキングシートの上に置き、華氏350度に熱したオーヴンの中に乾燥するまで入れる。

 

辛子を入れてあぶったドイツ風ロールキャベツ 具

 

3.ベーコンを小さな短冊状に切る。 冷たいフライパンにのせ、脂分が抜けるまで中火で熱する。 フライパンに薄い層を残して脂を取り除く。油の中で玉ねぎを透明になるまで炒める。
4.パンから余分な水分をしぼり、ベーコン、玉ねぎ、肉、卵、パン、パセリ、辛子、そしてキャラウェーを大きなボウルの中で混ぜる。塩と胡椒でよく味付けする。

 

辛子を入れてあぶったドイツ風ロールキャベツ 調理前

 

5.キャベツの葉をきれいな作業面の上に平らに広げる。 固く白い葉脈に少し切れ目をつける。 これは葉っぱをより滑らかにし、簡単に巻けるようにする。 それぞれのロールのために、2-3枚の葉を扇型に並べる。 具を八等分し、一等分をそれぞれの扇の真ん中に載せる。 葉っぱをきつくきちんと巻きあげ、一方で脇をたたみこむ。 それぞれのロールをひもで結ぶか小さなくしで止める。

 

辛子を入れてあぶったドイツ風ロールキャベツ 調理中

 

6.油を大きなソース鍋で熱し、ロールの全面に焦げ目をつける。 プレートに移しバターをのせてオーヴンに入れる。 200℃で1時間強調理する。

 

7.小麦粉大さじ2とスープストック1をお湯で溶かし、ダマにならないように混ぜ、弱火でとろみをつける。ナツメグとタイムを加え、塩と胡椒で味付けをする。

 

辛子を入れてあぶったドイツ風ロールキャベツ できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、先週のレシピをアレンジし、あぶってみました。 辛子の辛さはやはり残りませんでしたが、風味は残り、いい感じでした。 煮たのに比べてキャベツが固いのは仕方のないことですが、味などは、私はこちらの方が好みです。 何が違うのかはうまく表現できないので、是非前回のものと両方をお試しください。
翌日食べたらやっぱりからしの風味は抜けてしまいました。 このレシピに限っては作ってすぐ食べたほうがおいしいと思います。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。