現在地

黒米入りグルジアトルマ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、黒米を使ったグルジアトルマです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.celtnet.org.uk/recipes/miscellaneous/fetch-recipe.php?rid=misc-tolma

6人前(12個)
調理時間:2時間半

黒米入りグルジアトルマ 材料
 
ラム挽肉450g
細かく刻んだ玉ねぎ中2
といた卵1
ゆすいだ生の黒米70g
塩と細かくおろした黒胡椒 
刻んだ生のコリアンダー大さじ2
刻んだ生ミント大さじ1
キャベツの葉20-25枚
トマトピューレ400g

(半分量で作りました。)

 

黒米入りグルジアトルマ 具

キャベツの葉とトマトピューレ以外のすべての具をボウルの中で混ぜ合わせ、脇に置く。

 

黒米入りグルジアトルマ 調理前


1枚目のキャベツの葉を取り、大さじ山盛り1の具を葉の端に置き、巻いて端を止め、長さ約7.5cm、太さ2.5cmにする。(きつすぎない程度に)巻き上げる。 すべての葉をこのやり方で巻いてトルマを作る。

 

黒米入りグルジアトルマ 調理中


それぞれのトルマを作り上げたら、鍋かキャセロールに何層かにして並べる。 トマトピューレを注ぎ、皿で蓋をし、それを押し下げる。

 

鍋にふたをし、約90分弱火で調理する。 もし、液体があまりに早く蒸発するようならば、120mlの水を加える。 調理時間の終わりまでに、ほんの少ししかソースがないだろう。 温かいまま皮の厚いパンと一緒に出す。

黒米入りグルジアトルマ できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回もグルジア風のトルマでした。
黒米やラム肉を使って、具はかなり個性的だと思うのですが、やはりトマト味は、トマトの風味が強くなりすぎてしまって、ちょっと残念な気がします。
今回もキャベツを凍らせたものと乾燥させたものは、圧力鍋で事前処理しました。
感覚的ですが、乾燥させたものが一番味がしたような気がします。
ゆでたものと凍らせたものは、少し水っぽい気がしました。

夏場に備えて、残った物を凍らせて、どうやって解凍したら美味しく食べられるかを試そうと思ったのですが、ラップに二つか三つまとめて包んでしまったために、解凍の仕方にかかわらず時間がやたらにかかってしまって、味どころではありませんでした。
今度は少し小さめにした上で一つずつ凍らせて試してみたいと思います。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。