現在地

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、キャベツの端を切り落として中に具を詰めて蒸したレシピでした。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.cookissime.fr/categories/149-recettes-plats-express/recipes/102-chou-farci

1個
調理時間:1時間
 

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ 材料
子牛のソテー250g
イタリアンパセリの束1/2
赤玉ねぎ1
バイヨンヌ産ハム60g
良い形の緑のキャベツ1
アサギリの葉(*セージ使用)8
塩コショウ 

キャベツ全体を洗って拭き、大きな四角形を得るような高さで、キャベツの4つの縁を切る。
その四角形をその高さと等しい4片に切り、芯を切り取り、それぞれのかけらをラップで包み、
表面にいくつもナイフの先でそれに穴をあけ、とろとろ煮たった水で5分間沈める。

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ 具


フードプロセッサーの刃を使って子牛の肉を、洗って水を切ったパセリ、皮をむき切った赤玉ねぎ、アサギリの葉、そしてバイヨンヌ産ハムと一緒に切り、塩コショウをふる。
 


 

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ 調理前


キャベツを切ったものを取り出し、そこで手でキャベツの中に空洞を作り、それぞれのキャベツの葉の間に詰め物を少し入れ、伸ばすことのできるラップの上でしっかりと閉じる。
 

 

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ 調理中

15分間蒸し、ほどいてすぐに出す。
(*圧力鍋で5分調理しました。)

 


 

 

キャベツの端を切り落として具を詰めたシュー・ファルシ できあがり


 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、いつもならばキャベツの芯を取って内側から具を詰めるところを、外側の縁を切ってそこから具を詰めるレシピでした。
味自体は塩胡椒なので安心して食べられるものになりました。
外側を切ったのは、たぶん見た目をきれいにするためかな、と思います。
確かに普通に作るよりも肉が目に触れるところに出てきて、見た目がきれいになったように思います。

バイヨンヌ産ハムは手に入らなかったので、外側に胡椒をふったハムを使用しました。

レシピ自体はそれほど難しくないような感じでしたが、読んでおわかりになるような不自然な日本語になってしまいました。
なにぶんこれも元サイトがフランス語で、かなり適当な訳なので、本当に合っているのかどうかわかりません。
写真と見比べたら、ほぼ合っているかな、という感じはしますので、ご容赦いただければ、と思います。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。