現在地

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、豚肉と鳥レヴァーを包んだものをトマトソースで煮込んだシューファルシです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.jdfeedinganmd.com/elizabeth-davids-chou-farci-aux-capres-french-stuffed-cabbage/

1個
調理時間:1時間30分

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ 材料

キャベツ(サヴォイキャベツなら尚可)

1
豚挽肉6oz
細切れチキンレヴァー6oz
パン粉1/2カップ
1
細切れにんにく1茎
塩コショウ 
タイム小さじ1
ナツメグ小さじ1/2
バター大さじ1
小麦粉大さじ2
トマトジュース1カップ
ケイパー大さじ2(使用せず)
ブランデー小グラス1

鍋いっぱいの水を沸かす。塩をたっぷり入れ、キャベツ一つを丸ごと鍋に沈める。
キャベツの大きさにあわせて5-10分湯がく。
取り出して水気を取る。
まな板の上に置き、キャベツが開いた花のように見えるようになるまで1枚ずつ注意深く葉をはがす。
芯のところまで来たら、具をつめるための平らな表面を残して、皮むきナイフを使って中の葉と芯を取り除く。

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ ソース


深い陶器皿の中でバターを泡になり始めるまで融かす。
小麦粉を混ぜ、1分間調理する。
ゆっくりとトマトジュースを注ぎ、濃いソースができるまで勢いよく混ぜる。
火から外し、脇に置く。

 


 

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ 具


豚肉、鳥のレヴァー、パン粉、卵、にんにく、塩コショウ、タイム、そしてナツメグを混ぜ、手を使って徹底的に混ぜ合わせる。

 

 

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ 調理前

小さな塊でボールを作り、キャベツの真ん中に置く。
何枚かの葉をかぶせてキャベツの形を再生する。
続く葉にも具の層を作り、だいたいキャベツの形に戻るまで、それぞれの葉を上に向かって折戻す。
葉を軽く押し、ひもで結ぶ。
 


 

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ 調理中


ロールキャベツをルーの上に置き、きつく蓋をする。
350度のオーヴンに入れ、2時間調理する。

 

 

鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ 調理後

オーヴンから出し、15分間なじませる。
 

出すときに、ケイパーを散らし、ブランデーを注ぐ。

 

 
鳥レヴァーと豚肉のシュー・ファルシ できあがり


 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回のレシピも、先週と同じくトマトで味付けしたものでしたが、今回は小分けではなく、丸ごと調理するシュー・ファルシらしいものでした。
具が豚肉と鶏のレヴァーを半分ずつ入れたものだったので、いつもよりもしっかりと肉の味がして、美味しく食べられたと思います。
後は、オーヴンではなく煮込むような形にしたので、もう少しルーに水気を加えてやった方が味はしみたのかもしれません。
私はこのさっぱり味も嫌いではないですが。

ずっとキャベツを圧力鍋で蒸すような形にしていたのですが、どうにも中まで火が通らない感じだったので、水をちょっと多めにして半ゆでのようにしました。
おかげで芯を取りやすくなったようです。
キャベツのゆで方一つでも、まだまだ工夫の余地があるようです。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。