現在地

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、腸詰肉をたっぷり使って白ワインだけで煮詰めたレシピでした。

以下のサイトを参考にしました。
http://petitegourmandeanglaise.com/2013/03/27/chou-farci-cabbage-stuffed-with-sausage-chorizo-and-mushrooms-baked-in-white-wine-from-ripailles-by-reynaud-2008/

22個
調理時間:2時間

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ 材料
キャベツ1
腸詰肉600g
チョリソソーセージ50g
刻んだエシャロット1
刻んだにんにく2茎
ダブルクリーム100ml
1
薄切りマッシュルーム数つかみ
白ワイン250ml
岩塩と胡椒 
オリーヴオイル 

180℃にオーヴンを予熱
お湯を沸かし、岩塩を加える
キャベツの葉を6枚柔らかくなるまで湯がき、すぐに冷たい水に通す
葉を切り離さないようにしながら、真ん中の葉脈を切り落とす

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ 具


残りのキャベツのほとんどを刻む
それをエシャロットとニンニクと一緒にオリーヴオイルで炒める
チョリソを加える
マッシュルームを加える
クリームを加え、しばらく調理する
 

 

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ 具2

腸詰肉を手に取り、皮をはがす
ボウルの中ですりつぶす
卵を加え、味付けし、それから混ぜる
先ほどのキャベツとマッシュルームの具に混ぜる

 

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ 調理前

キャベツの葉を平らにして置く
具をスプーンで置き、巻き上げる

 

腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ 調理中

グラタン皿に置く
ワインを注ぐ
45分間オーヴンで調理する
 

 
腸詰肉の具をワインで煮込んだシュー・ファルシ できあがり

 

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、前回とは打って変わって、ほとんど肉だけを使って白ワインだけで煮込んだレシピでした。
腸詰肉とチョリソをたっぷり使ったもので、元レシピには6つだと書いてありましたが22もできてしまいました。
生肉のソーセージを使ったのでちょっと長めに調理しました。
そのせいか、ワインがすっかり煮詰まってしまって、苦みしか感じられませんでした。
生肉を使ったのならば、ストックで煮込んだ方が美味しくできたのかもしれません。

今回は、ワインで煮込んだレシピで、 フランス料理などでは一般的な調理法なのかもしれませんが、やったことがなかったので、うまくできたのかどうかわかりませんでした。
アルコールは全部飛んでしまって、苦みだけが残った感じでした。
このレシピもまた、腕が上がればもう少しうまくできるのかもしれません。
こつなどがあったら教えていただけると幸いです。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。