現在地

スパイスたっぷりアラムバシチ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、クロアチアのアラムバシチに戻りました。

以下のサイトを参考にしました。
 http://www.visitsinj.com/en/Vodic/54/recipes

13個
調理時間:3時間

アラムバシチは、最近無形文化遺産として保護されるようになった、最も有名なSinj料理だ。
その料理の名前はたぶん、トルコ語で罪深いとか無法なと言うことを意味するハラミという言葉と、頭や指導者を意味するバシという言葉から来ている。
すなわちハラムバサは、盗賊集団である歴史的なハイドゥクの指導者であり、アルカの大会ではそのリーダーなのだ。
アラムバシチは、イースター、クリスマス、聖母被昇天、そしてアルカなどの時に作られる、最も重要なお祭りの料理の1つだ。

具を包み、だしで煮るという調理法は、ローマ時代までさかのぼるが、漬けたキャベツの葉で包むやり方は、中世にフランスとドイツにわたって成立したカロリング王朝で広まった。
クロアチアでは、その調理法をビザンチン帝国から受け継いだ中東の影響で一般的になった。
ロールキャベツを作るのに、漬けたキャベツの葉に加えて、ブドウの葉や甘いキャベツの葉も使われている。
東では甘いキャベツが好まれる一方、Sinjでは漬けたキャベツが一般的になっている。
ハンガリーやルーマニアで元々サルマとして知られていたその料理は、南に広がって多くの変種が生まれ、その1つがSinjのアラムバシチだ。

スパイスたっぷりアラムバシチ 材料

キャベツ1
  
牛肉500g
赤たまねぎ小2
にんにく2-3茎
ベーコン80g
パセリ半房
豚ソーセージ90g
胡椒 
 
ナツメグ 
レモンの皮 
トマトピューレ大さじ1
  
ビーフストック2
400cc
オールスパイス 
スモークパプリカ
(サイトには記載がないですが、これで作りました。)
 

 
アラムバシチの伝統的レシピ

スパイスたっぷりアラムバシチ 具

1キロの牛肉をとても細かく刻む。赤たまねぎ2、にんにく4-5茎、燻製ベーコン150g、そして半房のパセリを混ぜたものを作る。
胡椒、塩、ナツメグ、そしてレモンの皮を肉に加え、1時間寝かす。

スパイスたっぷりアラムバシチ 調理前

 

 

 

肉とスパイスを混ぜたものを漬けたキャベツの葉で巻く。

 

スパイスたっぷりアラムバシチ 調理中

牛の骨を鍋に入れ、その上を細かく刻んだ漬けたキャベツの葉で覆う。
トマトピューレをスプーン1杯加える。
ロールキャベツを鍋の中に置き、刻んだ漬けキャベツで覆う。
自家製の豚ソーセージ、ビーフジャーキー、または燻製牛肉をいくらか入れても良い。
それから、ロールキャベツを十分覆うように水を注ぎ、2時間とろ火にかける。
アラムバシチを燻製塩漬けの肉とマッシュドポテトと一緒に出す。
このように準備し、冷たい場所で保存すれば、1週間は持つ。

スパイスたっぷりアラムバシチ できあがり



-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、クロアチアのアラムバシチに戻ってみました。
今回も、ザワークラウトは使わずに、かわりにスパイスを多めにしてみました。
肉の味はとてもいい感じに付いたのですが、なぜかキャベツに変な苦みが付いてしまいました。
全体的な味は割と良かっただけに、この謎の苦みがちょっと残念です。
(翌日には苦みは抜けました。)

今回のものはレシピ自体というよりも、書いてある情報が面白かったので採用しました。
だからレシピ自体は結構自由に改変しました。

アラムバシチの由来については、他の説もあったのですが、ちょっといまアドレスをなくしてしまったので、とりあえずはこれから訳しました。
ザワークラウトで巻く形のロールキャベツがカロリング王朝発祥だという話は初めて見たので、面白く読みました。
クロアチアのシニ地方はユニークな歴史を持っているようで、興味深いのですが、英語の情報も限られていてちょっとつかみ切れていないのが残念です。
 

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。