現在地

スパイス入り焼きブルガリアサルミ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、好みでいろいろスパイスを入れることができるブルガリアのサルミです。
オーヴンで焼きました。

以下のサイトを参考にしました。
http://bulgariatravel.org/data/doc/ENG_17-Sarmi.pdf

10個
調理時間:2時間

サルミは、ブドウかキャベツの葉で肉と米でできた具を巻いた、丸か楕円形のボールだ。
これはほかの国でも人気のある料理だ。ブルガリアでは、たくさんの調理法がある。
夏の間に、サルミはブドウの葉で作られ、冬にはザワークラウトで作られる。
具は、ひき肉入りでも、肉なしでも作ることができる。
米なしのサルミは、クリスマスイヴのブルガリアのテーブルに並べられる料理の一つだ。
この休日には、それらはザワークラウトの葉で作られ、
具には肉の代わりにレーズンやウォールナットを米と混ぜたものが使われる。
いくつかの地域では、細かく刻んだベーコンが具に加えられる。
具に味付けをつるスパイスは、ふつうパプリカ、こしょう、セイヴォリー、またはクミンだ。

スパイス入り焼きブルガリアサルミ 材料
スパイス入り焼きブルガリアサルミ 丸ごと圧力をかけたキャベツ

ブドウかザワークラウトの葉15-20
1カップ
挽肉400g
玉ねぎ1
サラダオイル 
トマトまたはトマトペースト1つ分
好みに応じて、パプリカ、セイヴォリー、こしょう、塩 

*米と肉は半分量で作りました。

スパイス入り焼きブルガリアサルミ 具2


1.フライパンにオリーヴオイルかサラダオイルを入れて温める。
2.刻んだ玉ねぎを事前にとろ火で調理する。
3.挽肉を加え、それをバラバラにし、調理し続ける。
4.スパイスで味付けする。
5.具に米を混ぜる。
6.トマトペーストを加える。
7.絶え間なくかき混ぜながら、半調理状態になるまで具を調理する。

 

スパイス入り焼きブルガリアサルミ 調理前


8.キャベツの葉の真ん中にいくらかの具をのせる。
9.焼いている間に具がはみ出さないようにしっかりと巻く。

 

スパイス入り焼きブルガリアサルミ 調理中


10.トレイの中に具の残りを置き、ロールキャベツをその上に載せる。
11.ロールキャベツにいくらかの水を灌ぐ。
12.約1時間焼く

 

スパイス入り焼きブルガリアサルミ できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回もブルガリアのサルミでした。
いろいろお好みスパイスを入れ、オーヴンで焼いたレシピでした。

レシピ自体は特にこれといった工夫も無く、焼くレシピとしては正統的な部類に入ると思います。
そこで、自分としての工夫として、今回はキャベツをゆでるのでは無く、丸ごと圧力鍋に入れて、圧力がかかってから3分間調理しました。
こうすると、剥くのもやりやすく、手間もかからないので、なかなかよいやり方だと思います。
ただ、鍋から出したときには柔らかくなったかな、と思ったのですが、焼くレシピだと少し歯ごたえが残る気もします。
この辺は好みによると思うので、気になる方は圧力にかける時間をもう少し長くするなど、工夫してみるとよいと思います。

味は、中に入れるスパイス次第でいろいろ変えられると思います。
トッピングでヨーグルトをかけたのですが、砂糖入りのものだったので、ちょっと違う感じでした。
特に脂っ気の多めのレシピの時にはプレーンのものがいいと思います。
またはレモンもよかったかな、と思います。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。