現在地

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

 

このレシピの平均評価: 
0
まだ投票はありません
(下のコメント欄からご投票ください。)

今回は、トマトジュースで煮込んだブルガリアのサルミです。

以下のサイトを参考にしました。
http://www.auntellesrecipes.com/sarmi.shtml

12個
調理時間:2時間

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ 材料
キャベツ大1
豚ひき肉1lb
牛ひき肉1lb
 (肉をまとめて合挽で500g)
炊いた米1カップ(1/2カップ)
小さじ1
胡椒小さじ1
水抜きしたザワークラウト1lb(250g)
細切り玉ねぎ大1(中1)
トマトジュース1lb(400g)
ピーマン(5)
コーンスターチ(片栗粉) 

*括弧内で作りました

 

キャベツから葉をはがす。

蓋をして5分間水の中でゆでる。水抜きして冷ます。

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ 具


豚肉、牛肉、塩、こしょうを混ぜ合わせる。

 

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ 調理前


大さじにとった具をキャベツの葉の真ん中にのせ、脇をたたみ、巻いて具を閉じる。

 

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ 調理中


ロールキャベツを皿に並べる。ザワークラウトから汁を抜く。
ピンクの肉汁を別に出す。
(好みに応じて、肉汁は、少しの水で溶かした少しの小麦粉かコーンスターチを
混ぜたものを加えて、濃くしてもよい。)

 

トマトジュースで煮込んだブルガリアサルミ できあがり

-------------------------------------------------

作ってみての感想

今回は、ザワークラウトを入れてトマトで煮込むという、普通のレシピでした。
今日のキャベツは結構柔らかそうな感じだったので、軽く乾かして、蒸すのはやめてそのまま巻きました。
固くなるのかも、とちょっと心配でしたが、しっかりと柔らかくなって、美味しく食べられました。
レシピ自体はそれほど特徴のないものでしたが、私にとっては味が濃くなり過ぎる素である
トマトジュースとザワークラウトをちょっと控えめにすることで、比較的口に合う仕上がりになりました。

今回は、個人的な感覚ではあまりブルガリアらしくない、もう少し北の方にありそうな、ザワークラウトを入れてトマトジュースで煮込んだレシピでした。
Sarmiとは書いてはありますが、サイトを読む限りでは、アメリカに住んでいる人が自分の好みに合わせて情報を集めたようなので、正統的なブルガリアのレシピではないのだと思います。
レシピも、背景を見ながらその成り立ちを考えてみると、結構おもしろいです。

-------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

Custom Search

お店情報

東三河地域で自慢のロールキャベツを提供しているお店です。

メルマガ登録

ウェブサイトに先駆けてレシピなどを
ご紹介するメルマガも
併せてお楽しみください。
(毎週土曜日発行予定)


読者購読規約

powered by まぐまぐ!

Facebookはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。